中古と聞くとあまり良いイメージが沸かないものですが、中古のドメインとなると話は違ってきます。中古ドメインは以前の持ち主の運用の仕方によっては、被リンクの数がお宝レベルのものが眠っている可能性があります。

SEOと被リンクの関係性

2016年11月の記事一覧

中古ドメインdirectはレベルをチェック

中古ドメインは新規ドメインと比べて検索時に上位に表示されるのが早くなる可能性があります。これはアフィリエイトや商業目的のサイトの場合、とても有利になるので、そういう目的でサイトを運営するなら中古ドメインを利用するのはいい手ではあります。

中古ドメインの中でも.directや.piaceなどは直販サイトや店舗向けのドメインであると言われています。これらは最近登録された中古ドメインで、まだその真価を知るにはもう少し時間が必要です。

中古ドメインの有利な点として、検索ソフトが設定するレベルを引き継げるということがあります。検索ソフトは検索をかけたときにサイトのドメインの使用年数やリンクの多さなどの要素を比較してランク分けを行っています。このランクは中古となっても引き継がれるため、高ランクのドメインを入手できれば、検索時に上位に表示されやすくなり、サイト運営が有利になります。

ドメインを取得した時に、それが中古ドメインだったということがたまにおこります。中古ドメインだと有利になる要素もたくさんありますが、逆に使いづらいデメリットを持っている場合もあります。特に注意をしなければならないのはペナルティを受けているドメインです。アダルトサイトやスパム目的のサイト運営などをしていたドメインは不正なサイトとしてペナルティを受けることがあります。ペナルティを受けると検索がかけられても表示されません。サイトとして機能しないので、ペナルティ付きのドメインには注意が必要です。最近では販売サイトの方でペナルティドメインは取り除かれているケースが多いですが、そうでないサイトもあるので、よくサイトの中身を調べてから取得するようにしましょう。

続きを読む

vpsで使う中古ドメインのグーグルへの影響

vpsを利用してサイトを作る方が増えていますが、その際、利用されることが多くなっているのが中古ドメインです。中古ドメインはいくつかの利点があり、オークション等でも盛んに取引されています。中古ドメインの利点の一つはサイトの履歴です。中古ドメインはオーナーが変わったとしてもどのように使われていたかが分かるようになっています。自分がこれから作成するvpsでのサイトと似たようなカテゴリにある場合はグーグルでの検索順位が上がる可能性が高くなります。中古ドメインの履歴はグーグルでも残っており、似たようなコンテンツであればサイトが違っていても検索順位を有効にしてくれるのです。また、検索順位がすぐに上がりづらい新規サイトに比べて一度でもグーグルに登録されているサイトであればロボットの閲覧も速く、また、インデックスも速いという特徴があります。ただし、逆にコンテンツがまったく違っていたり、スパムサイトなどに利用されている中古ドメインの場合はハンデとなるケースが多いです。特にスパムサイトで利用されているドメインの場合はインデックスすらならず、検索サイトにのらないサイトも多くあります。可能であればドメイン取得前にスパム判定サイトでチェックし、さらにグーグルなどの検索サイトで履歴をチェックしておきたいところです。ドメインの履歴を見せてくれるサイトも多くありますのでそのようなサービスでドメインをチェックすることは重要です。また、中古ドメインではなく、新規に取得するドメインであっても同様にチェックしておくと安心です。また、スパムについてはメールアドレスについても必ずチェックしておきたいポイントとなっています。

続きを読む