中古と聞くとあまり良いイメージが沸かないものですが、中古のドメインとなると話は違ってきます。中古ドメインは以前の持ち主の運用の仕方によっては、被リンクの数がお宝レベルのものが眠っている可能性があります。

SEOと被リンクの関係性

2017年05月の記事一覧

雑談系ウェブサイトでも重要な.jp中古ドメイン

ウェブサイトはさまざまありますが、これまであまり注目されてこなかった雑談系のウェブサイトも活用されるようになってきています。特に雑談系ウェブサイトは話題が広いのでニュース系のサテライトサイトなどでも活用されることが多いようです。その際、ドメインを取っていた場合は中古ドメインとして活用されることも増えています。中古ドメインは検索サイトでの評価とSNSでのリンク数が重要ですが、さらにカテゴリが重要視されています。適用させるウェブサイトとカテゴリを合わせることで検索サイトの評価を引き継げます。逆にカテゴリがあっていなければSNSでのパスしか意味がないことになりやすいので中古ドメインを選ぶ際は実際にドメイン検索をかけてみてインデックスの状態を把握しておきたいところです。比較的新しいウェブサイトが多い.jpも雑談系のサイトはインデックスが豊富であることが多く、利用されるケースが多いのですが、カテゴリを合わせないとインデックスが活かせず、場合によってはすぐにインデックスが初期化されて中古ドメインとして価値がなくなることも多いので注意したいところです。.jpドメインについては企業で取得されるケースが多いのも特徴です。企業で利用された場合、カテゴリが固まっている場合が多く、適用されるキーワードも決まってきていますが、新規に雑談系のウェブサイトを立ち上げるならそれも利用価値があります。多くのカテゴリを用意することが多い雑談系ウェブサイトですが、カテゴリが定まっていないからこそ、中古ドメインを利用しやすいとも言えます。検索サイトでの評価はカテゴリごとに別れていると考えられており、複数のカテゴリの1つだけに当てはまっていても効果は期待できます。

続きを読む